東京育児事情

子育てのしやすさ日本一?葛飾区の魅力についてリサーチしました

東京・子育てしやすい街を探せ!

サイト管理者の小言

子育てはマニュアルがあるわけではなく、何が正しくて、何が間違ってるか誰もわからないこと。だからこそ不安になる。私もそうでした。
何十年と東京住んでるけど、東京も地域によって全然違う。自分で住みやすい環境を作っていくのは、大切だけどその基盤も重要!
プロフィール

東京の下町「葛飾区」が、子育て向きの街ってホント?

東京の下町「葛飾区」が、子育て向きの街ってホント?

葛飾区ってどんな街?

葛飾区といえば、映画「男はつらいよ」や漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で知られ、下町のイメージが強いという人が多いのではないでしょうか。そのイメージどおり、下町情緒を味わえるのが葛飾区の魅力。そこで暮らす人々も、昔から住んでいる人が多いことから人情味あふれる人柄が多いようです。
葛飾区をよく知らない人のために、基本的な特徴についてご紹介します。

特徴1 交通の便が良い
総武線や京成金町線、京成本線、京成押上線、常磐線、成田スカイアクセス線、北総鉄道の7線が乗り入れる街です。新小岩駅であれば、東京駅まで10分ちょっとで着きます。成田スカイアクセス線を使えば乗り換えなしで成田空港までアクセスでき便利です。
また、都営バスや東武バス、京成バス、マイスカイ交通、京成タウンバス、日立自動車交通などのバスも充実。地下鉄はないものの、交通アクセスは良好であるといえるでしょう。
特徴2 買い物スポットが豊富
商店街や美味しいパン屋さん、カフェなどが充実。下町の雰囲気もありますが、オシャレなスポットもたくさんあります。アリオ亀有や亀有リリオ館という大きいショッピングセンターがあるなど、買い物には困りません。
特徴3 観光スポットがある
映画の舞台である柴又や漫画の舞台である亀有など、ファンにはたまらない名所があります。地元人になれば、生活の中でふらっと立ち寄ることができるでしょう。
特徴4 物価が安い
23区の中でも、物価が安いことで知られるベッドタウンのような役割を持つ街です。土地が安いため、分譲住宅や家賃も比較的安価。移住やマイホーム購入のハードルは低めであるといえます。ここの支出を抑えられたら、学費や習い事、学資保険など子どものためのお金に回せますね。

子育てのしやすさ日本一?!

葛飾区は、日経DUALが発表した2019年度の「共働き子育てしやすい街ランキング」で第1位を受賞している区なんです!区民の声を取り入れ、保育施設をすべてまわって現場の声を大切にしながら対策を講じています。主な取り組みについては以下のとおりです。

マタニティパス
母子健康手帳の交付を受けて1年未満の人を対象に、公共の交通機関を利用できるICカードを支給。妊婦の外出に関する経済的負担の軽減をサポートしています。
ゆりかご面接
妊娠中の人を対象に、保健師や助産師による面接を実施。安心して出産できるように、出産や育児に関する相談を受けアドバイスを行っています。また、相談内容に応じて妊婦一人ひとりに「葛飾区ゆりかごプラン」を作成し提供しています。
三人乗り自転車等購入費助成
6歳未満の子どもを2人以上持つ家庭を対象に、自転車や関係物品などの購入費用を一部助成しています。

上記のほかにも、出産育児一時金や児童手当、子どもの医療費助成などはもちろん、特別児童扶養手当、ひとり親家庭への支援、未熟児の養育医療の助成、出産費用の援助、私立幼稚園での2歳児の受け入れ、ファミリーサポートセンターやわくわくチャレンジ広場の運営など、多種多様な取り組みが行われています。
このことから、葛飾区は子育てに適した街であることが分かるでしょう。そのほかの詳しい取り組みについては、区のサイトも併せてチェックしてみてくださいね。

おすすめの公園がいっぱい

子育てがしやすい街として外せない条件の1つが公園です。ほかの子どもたちやお母さんとの交流の場にもなりますし、太陽の光を浴びながら親子で一緒に運動能力をアップすることができますよね。 育児に必要不可欠な公園は、葛飾区にもたくさんあります!

都立水元公園
都内で唯一の水郷や広々とした芝生、遊具スペース、バーベキュー広場などがあります。春には桜、梅雨には花菖蒲など、季節ごとに花を楽しめるスポットです。
新宿交通公園
自転車やゴーカートの無料レンタルがあり、指導員によるレクチャーのもと、楽しく交通ルールを学ばせることができます。
上千葉砂原公園
モルモットやポニー乗馬など、動物と触れ合うことができる公園です。一番の特徴は大きな遊具。楽しく遊びながら運動能力を向上できます。

以上、ファミリー層におすすめの公園をピックアップしてみました。このほかにも葛飾区には楽しい休日を過ごせるスポットがたくさんあります。レジャースポットについて詳しくまとめたページもありますので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

葛飾区の医療情報

子育てのしやすさや公園といった居住環境のほかにも、住みやすさに外せないのが医療環境です。子どもが小さいうちは病気をしやすいため、近くに病院があることで安心できますよね。

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
地域医療の中核を担う急性期病院です。脳神経内科では、新たなパーキンソン症候群の検査法であるDAT SPECTを導入。脳神経外科では脳腫瘍や神経内視鏡手術などに対応するほか、皮膚科では老人性疣贅に対する皮膚腫瘍冷凍凝固術やVTRACなど、特徴的な診療を積極的に取り入れている病院です。
東部地域病院
豊富な診療科目を有するとともに、児童福祉法指定医療機関や救急告示病院、東京都がん診療連携協力病院として指定されています。
循環器医療にも力を入れており、最新鋭の充実の機器で高度な治療を可能としています。
イムス東京葛飾総合病院
外来での化学療法や日帰り手術センターの設置など、高い専門性でニーズにマッチする治療を提供。また、ハイブリッド手術室と内視鏡センターも有しており、24時間緊急手術に対応しています。

また葛飾区では、子どもの医療費助成はもちろん、未熟児の養育医療の助成、自立支援医療、小児慢性特定疾病医療費助成、大気汚染に係る健康障害者医療費助成制度などを設け、経済的な面でのサポートも充実しています。
そのほか、3歳未満の子どもがいるお母さんに対し健康診断を行う、子育てママの健康チェックを実施。指定の医療機関にて無料で受けることができます。

葛飾区の教育事情

葛飾区には、小学校が50、中学校が24校あります(平成31年3月時点)。耐震補強や老朽化の箇所の改修工事、区内すべての小学校の通学路の安全確認を進め、安心して勉強できる環境を整えています。 そのほかに以下のような取り組みを実施しているのも、葛飾区の特徴です。

わくわくチャレンジ広場
区内にあるすべての小学校をわくわくチャレンジ広場とし、放課後や土曜日、長期休暇などに子どもたちが自由に遊び学べる環境を提供しています。
かつしか家庭教育のすすめ
社会のルールやマナーを守る大切さ、他者とのコミュニケーション、自制心など、大人になり社会人になったときに自立し社会で生きていける力を育めるよう、教育の手助けとなるパンフレットを配布しています。
ノーテレビ・ノーゲームデー
毎月10日をノーテレビ・ノーゲームデーに設定。テレビやゲームと上手な付き合い方ができるよう、また親子の時間を大切にできるように呼びかけています。
早寝、早起き、朝ごはん
早寝早起き朝ごはんの大切さの啓発と、規則的な生活習慣の確立を目的に、「早寝・早起き、朝ごはん食べようカレンダー」を配布しています。

子育て中のママにおすすめの職場探し!

葛飾区が子育てに向いている街だということがわかったら、次は安心して活躍できる職場探しです。東京都は求人数が多く葛飾区も例外ではないため、お仕事は選び放題!ただし、あまりの多さに目移りしてしまいなかなか絞れないということはありませんか?
そこでおすすめなのが、「女の転職type」の活用です。女の転職typeでは、正社員として長く腰を据えて働きたいと考える女性のための転職サイトです。
未経験OKや産休・育休の取得実績多数、育児との両立OK、休日数豊富、時短勤務あり…などなど、育児ママにうれしい条件を満たす企業がたくさんあります。
また、人気の求人をランキング形式で見れる、自分に向いている仕事がわからない人への診断テストがあるなど、求人を絞り込める手助けになること間違いなしです。そのほかにも、面接対策や自己PR・職務経歴書の書き方講座など、転職ノウハウが多数紹介されています。
葛飾区はアクセス良好なので、区外で職場を見つけたいという人にも女の転職typeはおすすめ。都内近郊のお仕事情報が満載なので、きっと自分にピッタリの職場が見つかりますよ。

▼女の転職typeの検索はコチラからどうぞ▼
https://woman-type.jp/job-area/tokyo/23-city/

女の転職typeは、東京や横浜などの首都圏をメインに正社員求人を掲載しているサイトです。未経験OKや35歳以上歓迎、働く服装、年間休日日数、産休・育休の実績など仕事探しで女性が重要視するポイントについての情報もしっかり提示。また、自分に合う仕事がわからない人向けの診断や、年収&お仕事相性診断など、求人探しに役立つコンテンツが充実しています。

おすすめ記事ピックアップ

子育ての悩み 子育ての悩み 子育ての悩みはつきないものですよね。親に相談、友達に相談。いろいろ試してもうまくいかない、誰もが抱える悩みです。でも、その悩みは一生懸命子育てしてる証拠だと思います。ここではたくさんの悩みの中でも、自分発信の悩み、しつけ・イライラ・自己嫌悪についてお話ししています。少しでも、子育てのストレスが軽くなりたいですよね・・・。

ママにもパパにもうれしい子育てサポート ママにもパパにもうれしい子育てサポート 家族みんなが笑顔で過ごせる毎日ってステキですよね。でも、育児と両立させて働いていると、ついイライラしたり心配事が増えたりしませんか?そんな状態では仕事に集中できない人も多いはず…。子育て、仕事、どちらにもしっかりと向き合うためには、会社の社内制度や手当を活用するのがおすすめです♪
働く社員にも家族にもやさしい企業独自の制度にはどのようなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

子育てに関する補助金制度 子育てに関する補助金制度 自治体の子育てサポートの1つに、補助金制度があります。
子供は教育・医療とお金もかかることが多いので、補助金制度があるのは大変ありがたいですよね!出産の際にもあったように、各区では、色々な補助があるので、ぜひ見てみてくださいね!
知ってるのと知らないとでは、全然違います。特に東京都や区の制度は大々的には情報開示されていないので、申請しないと損ですよ!

「江戸川区」は子育て世帯の強い味方! 「江戸川区」は子育て世帯の強い味方! 東京で子育てをはじめるときに「どこで子どもを育てよう…」と悩む人も多いことでしょう。何が子どもにとってやさしい街の基準になるのか、子育て世帯にとってどんな街が暮らしやすいのか、悩みはつきないものです。
そこで、子育てしやすい街として注目を集めている江戸川区にスポットを当ててご紹介します!いったいどんな制度があり、子どもの成長にプラスになるのか。暮らしやすさのヒミツに迫ります!