東京育児事情

ファミリー層におすすめ!世田谷区近辺のレジャースポット

東京・子育てしやすい街を探せ!

サイト管理者の小言

子育てはマニュアルがあるわけではなく、何が正しくて、何が間違ってるか誰もわからないこと。だからこそ不安になる。私もそうでした。
何十年と東京住んでるけど、東京も地域によって全然違う。自分で住みやすい環境を作っていくのは、大切だけどその基盤も重要!
プロフィール

子育て世帯にオススメ!世田谷区の楽しいレジャースポット

子育て世帯にオススメ!世田谷区の楽しいレジャースポット

公園

世田谷区やその周辺は、緑がほどよく繁る爽やかなエリアです。公園の数も多く、休日には親子で楽しむ光景が多く見られます。お子さんと一緒に、安心して楽しめる公園を見ていきましょう。

【世田谷公園】
「世田谷公園」は、三軒茶屋駅から徒歩10分強ほどのところに位置しています。 駐車場はありますが、32台(うち車いす用2台)と数が少ないので、遊びに行く際は公共の交通機関か自転車、徒歩などでお出かけください。
敷地内には、テニスコートやプール、ミニSL、スケートボートパークなどの施設やスペースがあります。子どもから大人まで楽しめるため、長年多くの人に愛されている公園です。
世田谷公園といえば、なんといっても中央エリアにある大きな噴水でしょう。噴水を囲むように設置されているベンチでは、親子連れやカップル、地域の方などがゆったりと過ごしています。
土日になると、同エリアではフリーマーケットが行われていることも。子供服やおもちゃ、可愛い雑貨など親子で楽しみながら探してみるのもいいですね。ちょっと上級者になると、フリーマーケットへ出品する側として参加するのもオススメ。お子さんと一緒に、お店屋さんごっこの感覚で社会勉強ができそうです。
この噴水はドラマの撮影にたびたび使用されることでも有名です。タイミングが合えば、有名俳優を遠目に見ることができるかもしれません。ママ友との話題としても盛り上がりそうですね。
「プレーパーク」というエリアには、さまざまなアスレチックが設置してあります。ダイナミックな遊びができるため、活発なお子さんに大人気。プレーリーダーや地域のボランティアの方たちの指導のもと、焚き火や泥遊び、木登りなどを体験することもできます。
交通広場には、信号機や横断歩道、標識などが設置。実際にゴーカートの運転をしながら、楽しく交通ルールを学べます。
電車好きなお子さんがこぞって集まるのは、蒸気機関車の展示エリアと敷地内を走るミニSLです。展示してある蒸気機関車の迫力と精巧さには、大人も思わず見入ってしまうでしょう。約5分の1に縮尺されたミニSL「ちびくろ号」への乗車は、お子さんがワクワクされること間違いないですよ。

【砧公園】
「砧公園」は、東京都が管理する公園で敷地内には世田谷区立世田谷美術館もあります。
砧公園の特徴は、花や緑が豊かで、なおかつ清潔感があること。近隣の幼稚園や保育園、小学校などが遠足として訪れるということからも、安全性と治安の良さがうかがえますね。
なかでも、みんなの広場エリアは「障がいがある子もない子も一緒に遊べる」ということをテーマに作られており、安全性に優れています。遊具周りには転んでもケガをしにくいゴムチップ舗装を敷き、全体的に視認性の良い色や感覚的な刺激の低い落ち着きのある色を使用。日よけや木陰を多く設けたり、車椅子の方も使用できるベンチを設置したりと、あらゆる人に優しい作りなんですよ。
また、コナラ、サワラ、エゴノキなどの樹林を柵で囲って保護区にし、鳥を観察できる「バードサンクチュアリ」を設けています。カルガモ、コサギなど12~13種類の野鳥が飛来しており、その様子は観察窓から見ることができ、子どもたちに大人気!
自然の良さと人の優しさが感じられる公園です。

【駒沢オリンピック公園】
駒沢オリンピック公園は名前の通り、東京オリンピックの際に使用された場所を一般使用可にしている公園です。総合運動場、球技場・補助競技場、屋外プール、軟式・硬式野球場、テニスコート、弓道場といった12もの体育施設があります。学生の頃に部活の公式試合で訪れたことがあるママ・パパは懐かしいでしょうね。
公園の敷地内には、幼児でも利用できるサイクリングコースが設けてあります。未就学児用の自転車、カップルや親子で楽しめる特殊自転車(四輪自転車、二人乗り自転車)の貸出があるので、自分で自転車を持っていくかなくても楽しめますよ。気持ち良く汗をかいて、リフレッシュできそうですね。
夏は、噴水と水遊び場がドッキングした「ジャブジャブ池」がオススメ。子どもたちが無邪気に水と戯れる様子を眺めていると、夏の厳しさも和らいで感じられそうです。常駐の監視員を配置する等の安全対策も取られています。

キンダーベース明大前

明大前駅から徒歩2分のところに位置する「キンダーベース明大前」は、室内型のキッズプレイ施設です。大型のバルーンすべり台やトランポリン、ボールプール、おもちゃなどがあり、営業時間内であれば何時間でも遊べます。利用料金は曜日や時間によって異なりますが、いずれもリーズナブル。お天気を気にすることなく遊べるのが、子育て世帯には嬉しいですね。
レンタルスペースを設けてあるのも特徴の一つです。ママ友グループやサークルなどで、親睦会・新年会・誕生会・クリスマス会といった集まりごとを開催するのに利用されています。目が届く範囲で子どもを遊ばせながら、ママたちは楽しくおしゃべり♪飲食物の持ち込みも可能です。
また、事前に予約すれば、美味しいパーティー料理を頼むこともできます。パーティープランの場合は、片付けが不要。普段は忙しいママ・パパも、肩の力を抜いて気軽に楽しめそうですね。

等々力渓谷

等々力渓谷は、谷沢川で構成された約1kmの渓谷で、樹木や湿性植物が植生する自然豊かな名勝地です。ゆるやかな勾配なうえ遊歩道が整備されているので、小学生くらいのお子さんであれば大人と一緒に自然散策が楽しめます。川のせせらぎや野鳥のさえずりを聞きながら親子で歩いていくと、普段よりもゆったりとした優しい気持ちで話ができそうですね。
遊歩道の途中には、等々力渓谷三号横穴という古墳の跡があります。事前に、親子で古墳時代や奈良時代について学習しておくと、より興味や関心をもって散策できますよ。悠久の人々の知恵や技術、その場の雰囲気に触れることで、豊かな心が育まれるでしょう。
また、竹林の中に佇む「書院」や美しい日本庭園も必見の価値があります。芝生スペースではピクニックをることもできるので、レジャシートとお弁当を持って足を運んでみるのも良いですね。
さらに足を進めると、滝行の場として知られる「不動の滝」と不動明王を祀ってある本堂が見えてきます。マイナスイオンを浴びながら不動明王のエネルギーを感じられるとは、なんてレアなスポットなんでしょう!強力なパワーが貰えそうです。
渓谷を歩き終えるまでは、おおよそ1時間。子どもの足でも少し頑張れば完歩できる距離です。桜や紅葉の季節にお出かけされると、より一層楽しめますよ。

豪徳寺

東急世田谷線宮の坂駅から徒歩5分、小田急線豪徳寺駅から徒歩12分のところにある「豪徳寺」は、招き猫を祀ってあることで有名です。最寄り駅から豪徳寺につながる商店街には、猫をモチーフにした看板やのぼり旗、イラストなどがたくさんあり、参拝者を楽しませてくれます。お子さんと一緒に「こんなとこに猫ちゃんが!」と猫探しをしながら歩いていってくださいね。
境内には、所狭しと招き猫がズラリ!その数と光景は、まさに圧巻です。
どうして招き猫が祀られているのかということについて、親子で事前に調べておくのも良いですね。実際に足を運ぶことにより、知識と体験がひも付き、より興味深く感じられることでしょう。
神社仏閣に対して、親子で楽しめるレジャースポットというイメージは薄いかもしれません。しかし、その由来や歴史、人物、建造物などは年齢を問わず心に響くものがあります。日常のレジャーに上手に取り入れていくと、きっと学校の勉強でも役に立ちますよ。

おすすめ記事ピックアップ

子育ての悩み 子育ての悩み 子育ての悩みはつきないものですよね。身近な人に相談をしたり、育児書やサイトを読み漁ったり。いろいろ試してもうまくいかない、なんてことも、よくあることです。悩むことはしんどいけれど、それは一生懸命子育てしてる証拠だと思います。ここではたくさんの悩みの中でも、食事・しつけ・イライラ・リフレッシュ法についてお話ししています。少しでも、子育てのストレスが軽くなる助けになれたら嬉しいです。

ママにもパパにもうれしい子育てサポート ママにもパパにもうれしい子育てサポート 子どもとの時間は大切、でも仕事も続けていきたい…そんなジレンマを抱えながら日々頑張っているママさん、パパさんが多くいらっしゃいます。また、今は仕事をしているけど、将来子育てしながら仕事を続けられるだろうか…と不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。
そんな方のために、国や企業が取り組んでいる子育てサポートについてご紹介します!なかには、企業が独自に設けている手厚い制度もあり、知れば知るほど安心できますよ。

子育てに関する補助金制度 子育てに関する補助金制度 自治体の子育てサポートの1つに、補助金制度があります。
子供は教育・医療とお金もかかることが多いので、補助金制度があるのは大変ありがたいですよね!出産の際にもあったように、各区では、色々な補助があるので、ぜひ見てみてくださいね!
知ってるのと知らないとでは、全然違います。特に東京都や区の制度は大々的には情報開示されていないので、申請しないと損ですよ!

「江戸川区」は子育て世帯の強い味方! 「江戸川区」は子育て世帯の強い味方! 東京で子育てをはじめるときに「どこで子どもを育てよう…」と悩む人も多いことでしょう。何が子どもにとってやさしい街の基準になるのか、子育て世帯にとってどんな街が暮らしやすいのか、悩みはつきないものです。
そこで、子育てしやすい街として注目を集めている江戸川区にスポットを当ててご紹介します!いったいどんな制度があり、子どもの成長にプラスになるのか。暮らしやすさのヒミツに迫ります!