東京育児事情

気軽に行ける♪江戸川区で家族で楽しめる遊びスポットを紹介

東京・子育てしやすい街を探せ!

サイト管理者の小言

子育てはマニュアルがあるわけではなく、何が正しくて、何が間違ってるか誰もわからないこと。だからこそ不安になる。私もそうでした。
何十年と東京住んでるけど、東京も地域によって全然違う。自分で住みやすい環境を作っていくのは、大切だけどその基盤も重要!
プロフィール

子連れに人気の江戸川区レジャースポット特集!

子連れに人気の江戸川区レジャースポット特集!

親子で楽しめるスポットがたくさん♪

子どもたちは外遊び大好きですよね。太陽の下で元気に遊ぶ我が子の姿を見てたら「連れてきてよかったな」って思わず笑みがこぼれてしまう親御さんも多いことでしょう。
でも、小さな子どもを連れての遠出は大変だし気軽に行けないのが現実です。そんな悩みを吹き飛ばしてくれるのが、なんと江戸川区!どうして江戸川区なのかというと、23区の中でも公園面積が一番広いからなんです。さらに、親水公園の整備を日本で初めて行った区でもあるとのこと。未来の子どもたちのことを考えた街づくりに取り組んでいる江戸川区では、西葛西駅やマンション建設地周辺などの公園で遊ぶ子どもたちの姿がたくさん見られます。
子どもを安心して外で遊ばせられる環境ってすごく大事ですよね。そんな子どもたちのことを第一に考えている江戸川区だからこそ、子育てしたい街としての人気を博しているのかもしれません。

また、公園が多いということはその分、自然豊かな街でもあるということが言えるでしょう。街の環境保全の一環として「まちの緑化」に取り組んでいる江戸川区。緑化運動を始めてから50年を迎えた区内には、色とりどりの植物が咲き誇っています。また、花とみどりの応援団という社会貢献活動を行っているえどがわ環境財団もあるほど環境を大切にしている街なんです。

公園内にもさまざまな花や木々が育てられています。区内すべての樹木を合わせた数はなんと650万本以上になるんだとか。子どもたちが元気に楽しく遊ぶ姿を見ながら、ちょっと疲れたお父さんやお母さんたちは木陰の下で森林浴をしてのんびり過ごすことができますね。変わりゆく季節の風景とともに、子どもたちの成長を眺めるのもいい思い出になりそうです♪

それでは、子育てしたくなる江戸川区で、ファミリー層に人気のあるレジャースポットをご紹介していきましょう!

江戸川区内では公園での水遊びが大人気♪

まず1つ目は、緑に囲まれた大きな公園として知られる「総合レクリエーション公園」です!
全長3メートルにも渡る細長い形をした園内には、子どもたちがのびのびと遊べる広場やアスレチック、野球場などがあります。子供の広場というエリアには2頭の恐竜の姿があり、別名「かいじゅう公園」と呼ばれているんだとか。約100種類ものバラが咲きほこるフラワーガーデンや、眺めるだけで清涼感に包まれる噴水もあるなど、自然に囲まれて遊ぶことができますよ。また、園内をパノラマシャトル列車で移動できたり、ポニーの乗馬体験や壁打ちテニスができたり、親子で一日中楽しめること間違いなしのスポットです♪

続いて2つ目にご紹介するのは、暑い季節に水遊びが思いっきり楽しめる「小松川境川親水公園」♪
園内は5つのゾーンに分かれていて、水場では滝や飛び石、つり橋があったり、子どもたちに大人気の水上アスレチックや冒険船などがあるんです。広場には滑り台やブランコ、砂場、アスレチックもあるので、一年中いろいろな遊び方を楽しめる公園になっていますよ。そしてなんといってもうれしいのが、更衣室とシャワーが設置されていること♪水遊びはさせたいけど着替えが大変だからと敬遠しがちな親御さんも安心して利用できます。

江戸川区にはその他にも、全長1,200メートルにわたる清流の風情が楽しめる「小松川境川親水公園」や、小さなお子さんも安心の浅い小川での水遊びができる「一之江境川親水公園」、芝生の広場でサッカーや野球、バトミントンなど親子遊びをしたいファミリーには「篠崎公園」や「宇喜田公園」がおすすめです♪また、5万本の菖蒲の花景色を堪能できる「小岩菖蒲園」もあるなど、無理に遠出をすることなく江戸川区にある数々のおでかけスポットで楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

江戸川区といえば臨海水族園と自然動物園で決まり!

江戸川区でファミリーに人気のスポットはなんといっても葛西臨海水族園と海浜公園!
臨海水族園は総面積が11,129平方メートルもある膨大な広さがあり、生き物たちが暮らすための水槽の水量は3,160トンもあるそうです。もうスケールが大きすぎて想像できないですよね。そんなビックな水族園には、世界の海に生息している身近な魚たちや珍しい生き物、よちよち歩きに目が釘付けになるペンギンたちなど、およそ600種類もの生物が飼育、展示されています。
ペンギンの展示場は国内最大級ともいわれているほど館内は広大なので、ガイドツアーというサービスも人気なんですよ。専門的な話を聞きながら館内を巡る楽しいツアーが楽しめます。

水族館から展望広場方面に向かって、葛西渚橋を渡ると葛西海浜公園に行くことができます。浜辺に行くと、見たわす限りの海・海・うみ・!!晴れた日には富士山が見えたり、夏には海水浴にたくさんのファミリー層が訪れたりする人気の遊びスポットです。
公園内ではパークトレインというかわいいカラフルな汽車型の乗り物も周回しています。1周を約25分ほどかけてコースを回るので、のんびり景色を眺めるという過ごし方もおすすめですよ。電車好きの子どもは大喜びで「乗りたい!」と即答することでしょう♪

水族館のほかに生き物といえば動物園ですよね。江戸川区には行橋公園の中に自然動物園があるんです!しかも入園料”無料”でレッサーパンダやリスザルといった小型のかわいい動物に会えたり、うさぎやモルモット、ヤギ、ひつじなどの動物とも触れ合うことができ、癒やしのスポットとして子どもたちに人気の遊び場所となっています。

親子で楽しめる地下鉄博物館へGO!

電車が大好きな子どもたちに大人気なのが通称「ちかはく」と呼ばれている地下鉄博物館です。
館内はバリアフリー仕様なので、ベビーカーやバギーなしではお出かけできないという親御さんも気負うことなく訪れることができますよ♪地下鉄の歴史にふれたり、車両の模型による演出運転を見て楽しんだり、地下鉄博士になれるかどうかがわかるQ&Aに挑戦できたりなど、”みて!ふれて!動かして!”のキャッチコピーどおりの参加型ミュージアムとなっています。

小中学生に人気なのが、運転士さんの体験ができるシュミレーターの運転体験です。なんと、電車のゆれまで体験できるとあって、子どもだけでなくお父さんもついつい楽しんでしまうこともあるんだとか♪係員に質問したり、本や資料で学習したりすることもできるので、学びながら遊べるスポットとしてファミリー層にも人気なんです。

さらにうれしいポイントが、雨の日でも楽しめること!せっかくの連休でもお天気が雨模様だと行けるところが限られてしまって、遊び場所に困ってしまいますよね。そんなときにぴったりなのがアクセス抜群の地下鉄博物館です♪
東京メトロ東西線の葛西駅で降りたら、高架下を通って雨にぬれることなくゴールイン!小さい子どもがいるご家族も安心して行くことができますね。さらにさらにうれしいのが、大人1人220円、子どもは4歳~中学生までなんと1人100円という利用料金の安さです!外遊びができない日には、親子で電車の旅を楽しんでみるのもいいですね。

雨の日にも楽しめるスポットは他にもあります。
小学生以上のお子さんを連れて楽しめるスポットとしておすすめの場所は「江戸川区スポーツランド」。夏休みの時期には屋内外でのプール遊び、10月~5月の間はアイススケートが楽しめる施設です。利用料も格安なので、上手になるまで何度でも通って週末を有意義に過ごすこともできますよ♪

夏の時期は猛暑や大雨などでなかなか外遊びができない日が続いたりして、子どもたちもストレスを抱えてしまいやすいです。そんなときには屋内で遊べる施設で思いっきり身体を動かすのがおすすめ♪江戸川区にはこども未来館という実験や表現活動、ものづくりなどさまざまな体験ができる児童館もあるので、涼しみながら知育の遊びをして楽しむ日があってもいいかもしれません。
子どもたちが興味を持つ遊びができるスポットを選んで、ぜひ家族みんなで訪れてみてください♪

おすすめ記事ピックアップ

子育ての悩み 子育ての悩み 子育ての悩みはつきないものですよね。親に相談、友達に相談。いろいろ試してもうまくいかない、誰もが抱える悩みです。でも、その悩みは一生懸命子育てしてる証拠だと思います。ここではたくさんの悩みの中でも、自分発信の悩み、しつけ・イライラ・自己嫌悪についてお話ししています。少しでも、子育てのストレスが軽くなりたいですよね・・・。

ママにもパパにもうれしい子育てサポート ママにもパパにもうれしい子育てサポート 家族みんなが笑顔で過ごせる毎日ってステキですよね。でも、育児と両立させて働いていると、ついイライラしたり心配事が増えたりしませんか?そんな状態では仕事に集中できない人も多いはず…。子育て、仕事、どちらにもしっかりと向き合うためには、会社の社内制度や手当を活用するのがおすすめです♪
働く社員にも家族にもやさしい企業独自の制度にはどのようなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

子育てに関する補助金制度 子育てに関する補助金制度 自治体の子育てサポートの1つに、補助金制度があります。
子供は教育・医療とお金もかかることが多いので、補助金制度があるのは大変ありがたいですよね!出産の際にもあったように、各区では、色々な補助があるので、ぜひ見てみてくださいね!
知ってるのと知らないとでは、全然違います。特に東京都や区の制度は大々的には情報開示されていないので、申請しないと損ですよ!

「江戸川区」は子育て世帯の強い味方! 「江戸川区」は子育て世帯の強い味方! 東京で子育てをはじめるときに「どこで子どもを育てよう…」と悩む人も多いことでしょう。何が子どもにとってやさしい街の基準になるのか、子育て世帯にとってどんな街が暮らしやすいのか、悩みはつきないものです。
そこで、子育てしやすい街として注目を集めている江戸川区にスポットを当ててご紹介します!いったいどんな制度があり、子どもの成長にプラスになるのか。暮らしやすさのヒミツに迫ります!